2016年4月


    

4月29日(晴)
文字を動かす仕事を初めて一ヶ月程経つが早速職業病のようなものにかかったらしい。 顕著な例と先日ナニをしているときに起きたことを話したいと思う。

ちょうど到達する瞬間に無意識にコードが浮かんだのだ。 つまり、ちんちんというオブジェクトからティッシュという新たな配列に精子が格納されるためのロジックである。 この時浮かんだコードは以下のようであった。

var chinchin = function(type,name){
this.type = type; //1の場合排出されるもの
this.name = name;
}
chinpo = Array (
new chinpoko(1,"尿"),
new chinpoko(1,"精子"),
);
var thisyu = new Array();
genkai = Math.random() * (100 - 1) + 1;
var siko = 0;

function move(){
window.moveBy(0, -20);
}
function onani(){
for(siko=0;siko<=genkai;siko++;){
move();
}
}
thisyu.push(chinpoko[1]);
chinpo.splice(chinpolo[1],1);


これが浮かんだところでどうしたんだと言いたいかもしれないが、実際なかなか重篤な問題である。 ウンチしたりするときにも似たようなことが起こるのだからたまったものではない。

連休初日なのでようやく日記を書くことができたが、このザマである。 心に平静を取り戻すためにも、明日はかつて働いていた百円ライター工場時代の同期と会うつもりだ。


TOPに戻る